ホーム > 快適に治療が受けられる大口式インプラント法

快適に治療が受けられる大口式インプラント法

インプラント治療とは、歯が無くなったとき、失われた部分に人工の歯根(インプラント)を植え込み、その上に修復物を装着して機能を回復させる治療法です。

従来のインプラント治療では、ドリルで骨を削って人口歯根を植え込んでいましたが、大口式インプラント法では骨表面にとても小さな穴を開け、その穴を少しずつ広げて人工歯根を入れます。
骨を削る作業が少ないため、歯科特有の不快な音や痛みも少なく、より快適に治療が受けられます。

※大口式インプラント法は医学博士・大口弘先生が考案、開発した、骨をドリルで削らないインプラント法です。大口先生は名古屋市立大学元・客員教授で岐阜、愛知でご開業の歯科医師です。

大口式インプラント法のメリット~ドリル式と比較して~

大口式インプラント法のメリット

大口式インプラント法手順

大口式インプラント法手順

 

大口式インプラント法は、すべての症例に適用されるわけではごさいませんのでご了承下さい。
詳しくは当院スタッフまでお気軽にご質問下さい。